ダルクとは?

  DARCとは、Drug(薬物)のD、Addiction(嗜癖、病的依存)のA、Rehabilitation(回復)のR、Center(施設)のCを組み合わせた造語です。

  ダルクは、覚せい剤や有機溶剤(シンナー等)、精神安定剤、睡眠薬、市販薬(咳止め薬や鎮痛剤など)、その他の薬物から解放されるための民間の薬物依存症リハビリ施設として、全国各地に存在しており、薬物をやめたい仲間を手助けすることを目的に、「どんな薬物依存症者でも必ず回復できる」という希望のメッセージを伝える活動を行っています。

  薬物に限定せず、各種依存症(薬物・アルコール・ギャンブルなど)の方が、同じ悩みを持つ仲間とのフェローシップの中で回復するために、「回復するための場所」「回復するための時間」「回復している仲間のモデル」と身体的・精神的・社会的援助を提供し、依存症から回復したい仲間同士によるグループセラピー(ミーティング)を通して、依存症からの回復を手助けしています。

  また、将来、自立できるように組み立てられたプログラム(NA=ナルコティクス・アノニマスの提案する12ステップに基づいたプログラム)によって、薬物(またはアルコール、ギャンブルなど)を使わない今までとは違った新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループへつなげていくことに取り組んでいます。