【むつごろう便25号】薬物依存症のけんた

みなさん、こんにちは。薬物依存症のけんたです。佐賀は梅雨に入り、天気も優れず、ジメジメとした日が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

5 月18日に佐賀ダルクに入寮してから、もう1カ月が過ぎました。初めての団体生活でしたが、もともと人見知りをしない僕は、仲間の優しい気使いにも助けられ、生活面ではさほど大きな問題もなく、のんびり過ごさせてもらっています。

週1回の運動プログラムでは色々なことを経験しています。いい感じの川辺の芝の広場に行き、みんなでサッカーをしました。

天気も良く、気温も高くて、汗だくになってみんなで笑いながらやった久々のサッカーは最高に気持ちよかったです。

九州ダルクの仲間達とフットサルの試合もしました。小さい頃から体を動かすのが好きで、スポーツも得意な方だと思っていたんですが、みんな笑いながらも意外と本気で、体力のない僕は吐くか吐かないかの瀬戸際のラインをいったりきたりでした( 笑)。

その他にも、近くの体育館でバトミントンやバスケットをやったり、温泉や食べ放題に行ったりと、とても良い時間を仲間達とシェアさせてもらっています。

生まれて初めての蛍を、みんなで見に行きました。とても神秘的で、一瞬自分が依存症で佐賀ダルクに来ていることを忘れるぐらい、ボンヤリと見ている自分がいました。いい時間を経験できました。

1日2回のハウスミーティングでは、まだまだ問題だらけです。得意のみんなに注目されてる妄想が入り、日によっては緊張で声が震え、リーディングカードを読めず、自分の話も出来ません。

話を卸せば僕的に気分が楽になるので色々と考えるんですが、考えているうちに今度は仲間の話を聞けていません。

今、考えていることは、本当に自分が想っている事なのかとか、この話をすれば仲間はひいてしま
うんではないかとか、まだまだ自分を信じることができず、正直になれないところもあり怖れもとれません。

でも、今はそういう時期なんだろうと、なるべく考えすぎないよう、ゆっくりやっていこうと思っています。

「大丈夫、すべて順調だから。」仲間から教えてもらった心に響いた言葉です。これを自分に言い聞かせて、ポジティブに笑っていきたいです。

カテゴリー: 25号(2015年6月), むつごろう便 タグ: , , パーマリンク