【むつごろう便12号】薬物依存症のこうじろう

 こんにちは、薬物依存症のコウジロウです。佐賀DARCに来て2ヶ月ちょっとが経ちました。ぼちぼち楽しんではいるものの、「薬を使いたい」と思うときがしばしばあります。

 ついこの間、僕は薬を使いました。処方薬とブ ロンです。 はじめに気分を変えたくて処方薬を使い、さら に欲求が強くなってブロンを使いました。 ブロンは今までやったことがなかったので興味あったのと、ただただおもしろくない毎日を乗り切るために使ってみました。

結局、ただ身体的にも精神的にもしんどくなっただけで自分の好きな薬を使った時の様な感覚にはなりませんでした。「無駄な時間を過ごしたなあ」と思いました。

 これまで薬を使ってここまで不愉快な気分を味わったのは初めての経験で、使ったあとに「何故だろう?」と考えていました。

 もうすでにそれを考えているときは欲求が入っていて薬のことしか考えてなくて、出した答えは「環境が悪い」でした。 今考えると、自分でもかなりおかしいと思います。

 次に出た行動は自主退寮でした。思いつくとすぐさま施設長に相談しに行き、「退寮したい」と伝えました。長時間お話をさせてもらったものの、最終的には出ていくことになりました。

 しかし想定外の出来事が起こり、退寮するときに自分の財布に入っていた金額は3000 円程度で、結局佐賀から出ることも、使うこともなく一日で戻ってきました。

 施設長に「もう一度やり直させて欲しい」と言ってまたここで生活させてもらっています。 正直しんどいと思う時や不安になる時もありますが、くじけずに頑張っていこうと思います。やっぱりここの仲間はおもしろいし、一緒にいると楽 しいです。

カテゴリー: 12号(2014年4月), むつごろう便 タグ: , パーマリンク