【むつごろう便27号】佐賀DARC 代表 松尾周

少しずつですが、暑さも和らいできています。夏の終わりを、まだまだ満喫したいと佐賀DARCのメンバーは、金曜日、自分たちで何を行うか自分たちで決めるプログラムの時間枠を、川へ行きたい、海へ行きたいと楽しむ事に意欲的に行動しています。

しらふではしゃぐ姿に、未だプログラムにたどり着いたばかりや、相談で訪れる新しい仲間たちとの対照的な姿に、回復していっている事を感じます。

多くの仲間がDARCへたどり着きますが、プログラム途中で飛び出していったり仲間たちと回復の道を味わったり、喜んだりできない仲間もいます。

今月に入り、何人かの仲間の訃報を知らせる連絡が入りました。

仲間の中にいても、寂しさや喪失感から解放されず、しらふの人間関係の中で心の傷を敏感に感じ取ってしまう生きづらさを抱えた仲間たちに、時に変えようとしたり、感情的になってしまうこともあります。

ただ、その人その人の変わるタイミングがあるのだろうと、共に歩み共感しながらも祈る事しか出来ない事に無力を感じます。

仲間の死に直面するたびに、生きてさえいればと、「変われないことが苦しい、変わりたいです」と言っていた仲間の言葉が思い出されます。

ありのままで良いんだよと、先行く回復者の仲間の言葉に支えをもらい苦しいながらも回復の道を歩み続け、回復の喜び楽しみを次の仲間へ渡していくことを続けています。

新しいプログラムを取り入れたり、心理士の先生や外部からの講師の先生のワークなど、多くの方に支えられながら、回復の為の道具も以前よりは増え充実してきている事も感じています。

ただ、日々の書類管理や関係機関とのやりとりに忙殺され、私自身もう少し仲間ともっと関わり共に楽しみたいと、仲間たちが共に歩み回復するDARCの良い部分を大切に活動していこうとあらためて感じています。

毎号のニュースレターを発行する度に書かせていただき心苦しいのですが、ミーティングへの移動に使用する車の故障や施設の改修工事など、未だ運営が苦しい状況は変わらず、皆様の善意による寄付金に支えていただけなければ、運営していくことが困難であります。

薬物依存症者みずからが薬物依存症者を支え、共に歩むダルクの取り組み、佐賀DARCが回復と成長を手にすることのできる場として活動してゆけますよう、皆様のご支援、ご協力のほどなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , , , , | 【むつごろう便27号】佐賀DARC 代表 松尾周 はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便27号】薬物依存症のけんた

みなさん、こんにちは。薬物依存症のけんたです。お盆が過ぎて、夜は少しずつ気温が下がり過ごしやすくはなっていますが、昼間はまだまだ太陽が強く、地元の北海道では考えられない暑さと毎日闘いながら日々過ごしています。

7月30日にakiraさんのライブを見に、仲間たちと長崎まで行ってきました。長崎には初めて訪れたのですが、1945年に原爆が落とされた街はちょうど夕暮れで、通りがすごくオシャレで、海あり山ありで、「この町で生活してみたい」ってゆう不思議な気持ちに駆られました。

シラフで見たライブは最高でした。スピリチュアルなライブで雰囲気もよく感動し、これから生きていく中で、自分のためになるとてもいい90分でした。

このakiraさんとゆうアーティストが創り出す画や本は、僕がこれまでの人生で大きく影響を受けた人です。だいぶ前にakiraさんの本を読んで、死んだ母親ともう一度繋がりたくて、自分もメキシコのシャーマンの聖なるキノコの儀式が受けたいと強く思っていた時期がありました。

この時、これを乗り越えれれば自分の人生は順調に進んでいくと思っていました。

しかし、どんどんと薬物に溺れていく中でそんなことは忘れ、薬物を使うことと手に入れる方法ばかりを考えるようになり、自分が好きだった事や世の中で起きている事に全く興味がなくなり、何もかもが信じられなくなり、これだけの取り返しがつかない事もしたし、スピリチュアルな生き方なんて自分にはもう到底出来ないと自信をなくして底をつき、それでもまだ死にたくなくて姉に助けを求め、佐賀ダルクにたどり着きました。

佐賀ダルクに入寮してすぐに、施設にakiraさんの本があるのに気がつきました。そして施設長に聞いてみると、驚いたことに知り合いで、じゃあ今度ライブでも行こうかってゆう軽い感じで今回の長崎のライブに至りました。

この経緯や出来事は僕にとって、とても偶然とは思えません。僕は薬物依存症になるべくしてなって、ダルクに繋がることはこれからの人生を生き抜いてく中で必要だったんだと思います。

僕には仕事としてやりたい事があります。今までと同じ考え方や古い生き方ではそこまでたどり着けないし、同じ誤ちを繰り返すことも自分でわかっています。

でも3ヶ月たった今の僕は、まだまだ古い生き方を手放せずにいます。施設にいるから薬物が止まっていて、中身が全く変わってないように思う日も多いですが、今日1日を大事にしてできるだけ前向きに考えて取り組んで行こうと思っています。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , | 【むつごろう便27号】薬物依存症のけんた はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便27号】薬物依存症のユウキ

暑さもようやく峠を越え朝夕にはかすかに秋の気配を感じる今日この頃です。

クリーンな生活では季節や気温など、毎日の微妙な変化にも気づき、当たり前のことを当たり前に感じることができるようになったように感じます。

それは人間関係や自分自身にも通ずるもので、今まで気づくことのなかった事も鮮明に感じる事ができ、より建設的な日々を過ごしています。

素面で毎日を過ごす中で、表面的な物質や事柄が重要なのではなく、それをどのようにして受けとるか、感じるかという内側の問題がとても重要だと感じています。

両親のもとで何不自由なく過ごさせて頂いた僕ですが、感謝をするということを知らず、常に満たされていない日々を過ごしていました。

家族や友達の中にいても、何か僕一人だけ浮いているような感覚、本当は友達と遊びたくないけど自分の体裁を守るために無理して遊んでいる感覚を、常に抱えて生きていたのでいつの間にか、自分が本当にやりたいことが分からなくなってしまっていたように思います。

自分は何なのかを考えると怖くなり、いつもその問いが頭をよぎると必死に別のことで紛らわし続けてきたのを思い出します。

ものすごい我の強い局面もあれば、異常に利他的な自分もいて、どれが本当の自分なのか分かりませんでした。

一貫性のない自分にも嫌気がさし、表面上とは裏腹に中身は常に不安や恐れに苛まれていました。

そんな漠然と満たされない空虚な気持ちを満たしてくれたのが薬物でした。

こうやって自分を振り返ってみると僕にとって薬物を使う理由というのは、限りなくあったように思います。

何か過去のせいにしているようで嫌な気持ちにもなりますが、こうやって過去の生き方を直視することで新しい生き方の教訓にしていこうと考えています。

今現在は、そんな感覚に対して祈りや黙想を通して満足感を得て、生きる希望を与えて頂いているように思います。

素面で生活していても問題は絶えないですが、施設や自助グループで学ばせて頂いたスキルを活用し、これからも素面を生き続けようと思います。

一年二ヶ月のクリーンという奇跡に感謝し筆を擱かせて頂きます。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便27号】薬物依存症のユウキ はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便27号】薬物依存症のつよぽん

こんにちは依存症のつよぽんです。

暑い日が続いていますが、皆様は夏風邪などひかずに元気で過ごしていますか?

今月は暑い日が多い事も有り、川に行く機会が多かった事を書かせてもらいます。今までは川と言えば、お手水の滝が定番みたいになっていましたが、なんせお手水の滝は、滝に行くまでの道のりが自分には、かなり険しくてしんどい道のりで、正直言って行きたくないと思う場所も一つです。

それでもみんなで滝に行くことが決まると、自分ひとり行かない訳にはいかず、渋々仲間を連れて行くのですが、頭の中は何時も、またあの「険しい山道を上り降りするの」と考えると、憂鬱で仕方ありませんでした。

それでも行けば滝まで歩くしかないので、イヤイヤでも行くしかないのですが、滝に着くまでの道のりで考える事といえば、少しは私の体の事を考えてくれよとか、「なんでプールじゃなくて滝」なのとか、相変わらず、自分勝手なことばかり考えている自分がいます。

それでも滝に着いて、実際に滝に打たれると、そんな事は忘れるのですが、帰り道にはやっぱり頭の中はこの道は自分には険しい、「しんどい」しかなくて、「次は絶対に行かないと思う場所の一つ」でしかありませんでした。

でも、今回行かせてもらった川は、先行く仲間が見つけてくれた場所で自分にとっては最高の場所です。

何故かと言うと、駐車場から川までは近いし、道も歩きやすいし、水はとても綺麗だし、川幅も広いし、深さもある程度あるし、飛び込んでも岩に当たる心配もない所だからです。行った日は平日で、人も自分たち以外は誰もいないし、自分にとってはベストな場所の一つです。

今回初めて川遊びがこんなにも楽しいと思えたのは、自分でも驚きでした。ここなら何度でも来たい場所の一つになりました。

何時も自分から先頭切って楽しめと言われていましたが、出来ずにいました。でも、今回はとても楽しくて仕方ありませんでした。また仲間を見ていると、仲間もとても楽しんでいる様で、その姿を見ていると心がとても穏やかな気持ちになっている自分にもビッ
クリしました。

言われていた事の言葉の意味が少しは解かるような気がしました。

本当に、自分は問題を自分自身で大きくしています。そして自分の手で自分の首を絞めています。だから、苦しい時にはその事さえ見えなくなってしまいます。自分の利点に目を向け、感謝の心を持って行かないとダメだと言う事を思い起こさせてもらいました。

自分は何時も無くしたものばかりに目を向け、不平不満ばかりを口にしている自分が恥ずかしく思います。

こんな自分でも仲間は笑って受け入れてくれてもらっている事に本当に感謝ですね。

この気持ちを忘れないようにしていきたいです。でも、何時も抜け落ちる自分に「叱」ですね。そんな自分でも、生きていても良いのだと思える様になってきました。

「なんくるないさー」。何時かは自分の人生も捨てたもんでもなかったと思える日が来ると信じてい
きたいです。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便27号】薬物依存症のつよぽん はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便27号】薬物依存症のこうじろう

こんにちは、薬物依存症のコウジロウです。楽しいのかつまらないのかよくわからない微妙な毎日を過ごしています。

8月のお盆の期間に3日間、佐賀DARC のみんなでキャンプに行ってきました。いつも炊飯器で炊いているお米をはんごうで炊いて食べたり、ダッチオーブンで作ったパエリアを食べたり、バーベキューでお肉を沢山食べたりと、常に満腹なキャンプでした。

海辺でテントを張って、音楽を聴きながら過ごし、満足いく最高の雰囲気のはずなんですが、ど
こか自分だけは楽しめていないような気がしていました。

周りの仲間はみんな楽しそうな顔をしているのに、自分は態度にこそ出さないものの、内心憂
鬱な気分で心の底からテンションが上がるようなことはありませんでした。

冷静になって周りを見れば、楽しめる事や満たされる事で溢れかえっているのに、自分は全くそれを活かせていないと今回、痛烈に感じさせられました。

いくらクリーンが出来ても、そういう薬を使う事になる要因を変えていかないと意味がないのに、一
番変わってほしい、変えていかないといけない部分が中々変わりません。

一体どこをどうすれば良いのか、全くわからず困り果てています。とにかくこのプログラムを信じてこれからもやっていくしか今のところ方法はなさそうですね。

キャンプでは、そのほか、イルカウォッチングに行ったり、釣りをして、アウトドアならではを満喫していました。

この3日間はつまらないという訳ではなかったし、どちらかと言えばおもしろいと言えます。しかし、「つまらない」と「おもしろい」を天秤にかけた時に、わずかに「おもろい」の方にウエイトがかかる程度で、感情の揺れが少ないのかなと思います。

もっと心からのたしみを味わえるよう期待しながらこれからもがんばります。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便27号】薬物依存症のこうじろう はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便27号】薬物依存症のノリ

こんにちは。依存症のノリです。8月もあっという間に過ぎて行きます。今月は、海に行ったり、花火大会に行ったり、川に行ったり、キャンプに行ったりしました。

海は、唐津の波戸岬に行って、みんなで海で泳いだりして楽しんできました。久留米の花火大会は、1万8000発の花火を見ました、仲間と土手で寝っころがりながら、見ていました、とても綺麗で、迫力がありました。

川は肥前の山の中に行きました、川の水は冷たくて暑い日に行ったので、とても気持ちよかったです。みんなで、川に飛びこんだり、水の流れに身を任せて、流されたり、楽しい時間でした、また行きたいです。

佐賀に来て、遊びで、いろいろなところに連れて行ってもらうようになり、みんなで楽しむ事を改めて、教えてもらっています、毎週のレクが楽しみです。

キャンプは2泊3日で、南島原市の前浜海岸に行きました。初日はちょっと、海で泳いで、釣りをして、バーベキューをしました。

みんなで、ガッツリ肉を食べました。とても美味しかったです。二日目は、昼から、イルカウォッチングに行きました、あんなにたくさんのイルカを見たのは初めてでした、とてもいい経験をさせてもらいました。

帰ってきてから、フットサルの試合をしました。浜辺でのフットサルは、しんどかったです。

夕方は、カヤックに乗って、釣りをしました、沖の方まで出て、最初はバランス取るのが大変で、海に落ちそうになりましたが、なんとか大丈夫でした、結局一匹も釣れなかったですが、あっという間の2泊3日でした。

生きづらさは、相変わらずですが、佐賀に来て4ヶ月コツコツと問題と、向き合いながら生活しています。もうめんどくさい、やりたくないと思う事も多いですが、時間かけてやって行きたいと思います。

役割もだんだん増えてきて、疲れたりもしますが、与えられてるんだなと思いながら、やっています。回復には必要な事だと。日々学びながら、これからものんびりとプログラムやっていきたいと思います。

カテゴリー: 27号(2015年9月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便27号】薬物依存症のノリ はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便26号】佐賀DARC代表 松尾周

猛暑が続いています。佐賀DARCの仲間達も「暑い、暑い」と言いながらも、毎日、薬物依存症からの回復を目指し、グループワーク(ミーティング) で、正直に過去を振り返る作業や、日常生活の中で分担して食事を作ったり、自助グループへ毎日足を運び続けるという生活を過ごしています。
ただ、ナイトケアでは部屋に篭りがちな仲間が、暑いからエアコンのある部屋に集まり、会話が増えると言うメリットも密かに感じています。
とは言え、回復には楽しみ、喜びを感じることも重要だと言われています。
佐賀DARCでは、夏はとにかく楽しむ! (1年通して言ってる気もしますが) 子供に戻り、海や川で思いっきり仲間とフェローシップをとり、薬物を使っていない人生を味わおう!と毎週末、海水浴やキャンプへと出かけています。
人間関係性の病とも言われる、依存症ですが、仲間の中にいても、すぐにはとけ込めず寂しさから解放されず、苦しさから飛び出そうとしていく仲間もいます。
仲間とこういうフェローシップの中で、仲間の事を信じたり、大切に感じたりと心の回復へも繋がっていければと思っています。
現在、自分を含め9名の仲間と共に暮らし、通所のメンバーも1名と、移動するにも車2台での移動となり、ガソリン代の負担も大きく、楽しんでいる仲間をよそに、代表の私自身は運営費のことでいっぱいいっぱいだったりしますが、仲間から「今日もありがとうございました」と言葉をかけられることに救われています。
障害者総合支援法に則った事業所への移行へむけて、書類作成などにも追われていますが、消防法の規制をクリアするためのナイトケアの改修工事や、デイケアも間仕切り等の改築工事の必要があり、現在の佐賀DARCでの運営状況では工事のめどがたちません。
毎号のニュースレターを発行する度に書かせていただき心苦しいのですが未だ、運営が苦しい状況は変わらず、皆様の善意による寄付金に支えていただけなければ運営してゆくことが困難であります。
薬物依存症者が回復を望み、生きる希望を持ち、社会の有用な一員となるように、関心を持っていただければ、支援する会の会員となっていただき、支えていただけないでしょうか?
薬物依存症者みずからが、薬物依存症者を支え共に歩むダルクの取り組み、佐賀DARCが回復と成長を手にすることのできる場として活動してゆけますよう、皆様のご支援、ご協力のほどなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 26号(2015年8月), むつごろう便 | タグ: , , , | 【むつごろう便26号】佐賀DARC代表 松尾周 はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便26号】薬物依存症のけんた

みなさん、こんにちは。薬物依存症のけんたです。ようやく梅雨が明けて、晴れた日が続いていますが、正直この暑さにはかなり参っています。
そんな中で日々色々な経験をさせてもらっています。
たぶん10年ぶりくらいに動物園に行って来ました。
色んな種類の猿たちに癒され、天気がよく、平日で人も少なくのんびりとした時間を過ごせました。
体を動かすプログラムではバスケットをしたり、海や滝に行って来ました。
滝つぼで泳ぐのは人生初で、日陰ですが場所もいい感じで、滝の上や周りにお地蔵さんがたくさんあってとても神秘的な場所でした。
海では岩場に行ってみんなで潜ったり、ビーチでのんびりしたりと、今までは当たり前のように大麻や酒を使ってやっていた事をシラフで楽しむということに挑戦させてもらっています。
7月23日から26日までは福岡でコンベンションがありました。
もちろん初めての体験です、佐賀に来てすぐに仲間からコンベンションの話を聞いて、楽しみにしてはいたんですが、近づくにつれてだんだんと憂鬱になってきました。行ったこともないのに、どうせ楽しめないだろうと決めつけてました。
でも行ってみると想像とはまったく違いました。札幌の仲間との再会や新しい出会い、あまり話したことのない仲間との共感や久々のスケボーなど、色々なことを体験できました。
僕たちはコンベンションの会場でTシャツやオリジナルステッカーなどを物販していたんですが、交代でミーティングに参加し、色々な仲間達たちの貴重な話を聞くことができ感動しました。
最近では、立ち止まって全く前進している気がしなかったんですが、仲間達の勇気ある話に勇気をもらい、あらためて自分が薬物依存症で底をついている事を思い知らされるイベントでもありました。いい経験になりました。
日々の生活ではいろいろと問題にぶつかっています。
自分の内面を見直す中で、正直さと配慮に頭を悩まされています。
自分の問題ではないと思っていた事が、自分の問題であったりと、仲間に教えてもらいながら少しずつ気づかせてもらっています。
まだまだ問題は山積みですが、笑うことを大事にして焦らずゆっくり解決していこうと思います。

カテゴリー: 26号(2015年8月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便26号】薬物依存症のけんた はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便26号】薬物依存症のユウキ

例年より長かったジメジメとした梅雨も終わり、夏本番となりましたが、皆様はどうお過ごしでしょうか。佐賀DARCでは私を含めた多くの仲間達が暑さにうなだれ、扇風機の前から離れません。北国育ちの僕にはまだまだ九州の暑さには対応しきれず、秋が来るのがとても待ち遠しい今日この頃です。
毎日素面の自分と向き合う中で、今まで自分では認識していなかった自分を発見する事があります。
薬物を使っていた頃の自分というのはとても不真面目で遊び人でふしだらな生き方をしていました。現に僕自身も自分がそんな人間だと思っていました。
周りからもそのように思われていたように思います。
しかし、いざ薬物を止めてみると全く正反対の自分がいて、どれが本当の自分なのか、全く分からず戸惑う日々を過ごしていました。
未だに薬物使用時の自分と素面の自分が混同してしまい、本当の自分ってどれだろう、と深く考え込んでしまうことも多々あります。
そんな、考えても考えても結論のでないようなことを考え、とても無駄に思えてしまうことがありますが、視点を変えてみると今まで自分を見つめる事を恐れ、暈し続けていた自分が、恐れなく自分と向き合っているというのは大きな変化のように思います。
世の中には結論の出ない事柄が多くあります。
それでも人間は考える事を止めないというのは「考える」という行為自体になにか重要な意味があるのかも知れませんね。
先日、迎える立場として参加させて頂いたNAコンベンションでは多くの気づきを与えられたように思います。ハイヤーパワーは必要な時に必要な物を与えてくださるとよく言いますが、まさに今回のコンベンションではそれを体感することができ、より一層ハイヤーパワーへ信頼を置こうという考えを持つ事が出来ています。
自分の底突きを温かく見守ってくれた大切な仲間達にも再会することが出来ました。最近は使っていた頃がとても昔のように思えて、初心を忘れがちでしたが、そんな時に出会わせてくれたのもハイヤーパワーの配慮なのかもしれませんね。
素面で感じる温かい気持ちを胸にこれからもクリーンを重ねていこうと思います。
厳しい暑さの毎日がまだまだ続きますが健康にはくれぐれもご留意ください。

カテゴリー: 26号(2015年8月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便26号】薬物依存症のユウキ はコメントを受け付けていません。

【むつごろう便26号】薬物依存症のしおり

みなさんこんにちは。佐賀もようやく梅雨も明け真夏という敵が現れ、毎日むさ苦しい日々を送っています。
地元埼玉にはない佐賀の暑さを感じています。
こんな日は生ビールで乾杯といきたいとこですが、そうゆう訳にはいかない病気にかかってしまった今日この頃です。
改めまして依存症の「しおり」です。7月は僕にとっていろんなイベントがありました。
1か月のクリーン、とうとう30歳になってしまった誕生日、仲間との滝、海!全てが僕にとって大切な出来ごとですが、やっぱり7月のメインイベント、福岡NAコンベンションについて触れてみたいと思います。
今回のNAコンベンションは4年前の沖縄NAコンベンション以来、2度目の参加をさせて頂きました。
4年前の話です。当時、僕はよそのダルクに入寮していました。
よそのダルクでは、入寮中毎日のようにお酒を飲んでいました。仲間を一人巻き込んで二人で飲む日々が続きました。ひどい時は万引きをしてでも飲んでいました。
そして4年前沖縄NAコンベンションに参加しました。そしてコンベンション2日目、とうとうやらかしました。
仲間と2人で会場を飛び出し、コンベンション代として少々多額のお金を持っていた僕達はコンビニを見つけ昼から夕方にかけて数十本のアルコールを空けました!
僕も一緒に飲んでいた仲間も酒乱でした。会場に戻ってすぐスタッフにばれてしまい、外に追い出された僕たちはスタッフに因縁をつけて暴れ出しました。
そして仲間が車を蹴り出して警察沙汰、、、、もうその後はめちゃくちゃ!仲間は逃げて指名手配、僕は野宿させられるなり、大変な沖縄NAコンベンションとなりました。
今回は佐賀ダルクとして福岡NAコンベンションに参加しました。
前日から昔のダルクの仲間に会える事がすごく楽しみでした!!佐賀ダルクはNAのグッズ売りをメインに担当しました。
ですが、僕は何の役にもたたず、スピーカーミーティングを楽しみました。
北は北海道、南は沖縄までたくさんの仲間と再会しました! 中には「生きててよかった」と言ってくれた仲間に温かいハグをもらいました。
スピーカーミーティングのリーディングカードの読み合わせに指名され、みんなの前に出て、ナルコティクスアノニマスのプログラムとは、を読ませてもらった時はすごく緊張してカミカミ(笑) でも一つの良い思いでとなりました。
4年ぶりのコンベンションは僕にいろいろな事を与えてくれました。
NAに繋がって6年目、NAにつながっても、なお薬を使い倒していた僕は、いま持ってるクリーンは1か月ですが、1か月も薬が止まった事が無い僕にとって大切なことです。
以前は全く取れなかった仲間とのフェローシップもようやく取れるようになり、施設長、仲間に支えられながらなんとか紙一重で生活しています。改めて僕を受け入れてくれた佐賀ダルクに感謝をしつつ、こんな「しおり」をどうかみなさん温かく見守っていてください!

カテゴリー: 26号(2015年8月), むつごろう便 | タグ: , , | 【むつごろう便26号】薬物依存症のしおり はコメントを受け付けていません。